CP-F03aでの通話はip電話でとお考えの皆様お待たせいたしました。
私が人柱となり、電話アプリ「050 plus」を試してみました。

ip電話は多く存在していますが、「050 plus」は
天下のNTTさんの行っている業務ですので、
通話料支払いにクレジットカードが求められる場合多数のip電話では
比較的信頼出来るのかもしれません。。。多分。。。

まずはテストコールです。
電話アプリ「050 plus」にはテストコールを出来る機能が付いています。
その際の通話料は無料です。流石は電電公社様です。
テストコールとは、まず女性の声でガイダンスが聞こえ、
その後、自らの声を録音し、その声が聞けるサービスです。

・・・試した結果ですが、
大変、声が小さく聞こえます。
蚊の鳴くような声でした。

特に録音した自らの声は、心霊番組で
「おわかりいただけただろうか?」のナレーションの後に
耳を澄ませると何とか聞き取れる幽霊の声レベルだったのです。

アプリの設定で、送音も受音も最大音量に設定していたのにも
関わらずの、この無残な有様なのでした。。。不安です。。。

・・・しかし、これはたまたまテストコールが悪いだけかもしれません。
今度は留守番電話サービスを試してみました。

このサービスは文字通り、電話アプリ「050 plus」で留守番電機能が
使える大変便利なサービスです。

プルルル・・・プルルル・・・

「こちら「050 plus」、メッセージセンターです」。

声が小さい・・・。。。

借りて返さない暮らしのアリエッティの独り言レベルです。。。
しかも、留守番電はサービスはこの声を聞きながら
指示通りに数字パネルを押さなければならないのです。
地獄です。

幸いにもスピーカーで声を聞く機能もありますので、
救われる可能性も考えられており、
確かにそうすれば聞こえるのですが周囲に音声がダダ漏れ情報公開なのです。

まあ、留守番電は一人でひっそり確認するものですので
問題無いとの強弁も可能な結果でした。

こうした事実を体験するにつれ、不安が確信に変わろうとしましたが、
肝心の対人通話に挑戦です。
結局、これが上手くいけば結果OK、密厳浄土なのです。

・・・結論から言いますと何とか通話は出来ました。

コツは全身の神経を研ぎ澄まし、耳に全ての集中力を結集し、
岩を通す一念で通話出来るのです。やりました。やり遂げました。

一つの通話の後でこれ程の達成感を得られるとは
「050 plus」さんの粋な計らいなのかもしれません。

結論を言いますと、使えない事は無いが音声は極めて小さい、です。
人並み外れて耳のいい方には推奨かもしれません。

以上、ありがとうございます。

◆「050 plus」は一度アプリを使い、完全に終了すると、
十分のバーにアイコンが表示されていてもネット接続が切れてしまいます。
十分にご注意ください。

http://050plus.com/pc/index.html