脱法ハーブが悪い意味で話題です。
昔、ヒロポン、今、脱法ハーブと、言う事なのかもしれません。

考えてみれば、自分の人生のつまらなさ、
希望の無さ、惨めさ、諦め、憤怒、憎悪など、

年を重ね、子供の頃夢見ていたバラ色の未来が見る見る灰色に色あせ、後退し、
厳しく冷酷な現実を思い知り、こんな筈では無かった、人生をやり直したい。
ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
脱法ハーブやってやる!!!との、

一時でも惨めで哀れな何の救いの無い、
煉獄の自らの人生、境遇忘れ去りたい人々の
魂の叫びが聞こえてくるような末法の世の世知辛い事件なのかもしれません。

しかし、文明社会の人間たるもの、
この世には文字通りの「合法ドラッグ」が存在し、私を含みます、
地を這う糞塗れのウジ虫共でも一時の幻の光明を見る事が出来る事を
知るべきかもしれません。

さて、皆様ご存じかもしれませんが、日本には3つの完全合法ドラッグがあります。

1、カフェイン

2、ニコチン

3、アルコール

要するに、コーヒー、お茶、煙草、酒であります。


この3つは、あまりにも身近に存在する為にその効能が軽んじられていますが、
どれも強力な効果を持つ薬品なのです。

現に、脱法ドラッグばりのアルコールの恐ろしさは皆様も
飲み会、コンパ、飲酒運転事故、酒乱、などでご存じの事と思います。
しかし、そんな恐ろしいアルコールは完全合法なのです。
世の中、いい加減ですね。

こうした完全合法ドラッグを巧みに使いこなし、
この苦しみの世、末法濁世を生きながらえる知恵こそが、
我々日本人に残された、唯一の生きる希望なのかもしれません。

ではでは、お元気で。。。