七夕を囲む月

格安SIM、格安スマホや日々の暮らしを中心にのんびりと記したいと思います。

アナと雪の女王

佐世保の事件について

佐世保で起きた、少女による凶悪な事件に
様々な意見が百出しています。

私の意見としては少女が元々持っていた異常性が、
環境によって、矯正さえるどころか増長してしまった末の
悲劇だと考えています。

わが身の事を内省してみれば、
人間は誰でも異常性の芽は存在していることが
分かると思います。

私など蛇蠍の如き心で猟奇的な邪心を蓄えているのです。

特に男性の方は、人に言えない性癖に一つや二つ、
すぐに思い当たると思います。
女性については正直わかりません。
すみません。

普通の人は生まれ持ったか、
生きてきた中で芽ばえた異常性を普段は抑えて生活しています。

家族や妻子に迷惑がかかることを心配したり、
自分のキャリアや評判に傷がつくことを恐れたり、
良心が異常性との戦いに勝利したりしています。

しかし、この少女の場合、
名家、有力者の娘さんと言う事で、問題を起こしても揉み消されたり、
それにより腫れものを触るようになり、
有力者に睨まれることを恐れられ、怖くて誰も注意出来ず、
その異常性を抑えるすべを学習する事無く、
バラバラ殺人が起こせる年齢まで、
体が成長してしまったと考えられるのです。

まさに、元々の異常性が「ありのままに」解放されてしまったのです。

おそろしいことです。。。
被害者の方の御冥福をお祈り申し上げ、
被害者の遺族の方には掛ける言葉も見つかりません。

人は生まれながら人間ではない、育てられて人間になるのだ。
との言葉もありますが、

少女が人間になれる日が来る事をお祈りいたします。

偉そうにすみません。
ありがとうございました。

ありのままの鰻

ありのままの自分になる事がブームです。

しかし、私のありのままは、脳髄の根元から腐りきった、
二目と見られない醜い本性、殺意、憎悪、怨念の塊ですので
決して人様に見せられるものではなく、そっと枕を涙で濡らし、
松たか子さんを嫉み、妬み、「私が先に歌ったのよ!私の歌なのよ!」と、
プロアクティブのCMに出ているのです。

そう、人の心は常に天道、人道、修羅道、餓鬼道、畜生道、地獄道を行き来し、
その欲望は穴の空いたコップの様に決して満たされることは
無いのかもしれません。

菊正を飲むと美味い物が食いたくなり、
美味いものを食うと、また、菊正が欲しくなるのも
道理かもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=i6V_Rfth5io

こうした事を考えるにつけ、
人の心とは修羅の住む地獄であり、
この無明を生みだすのは結局は自己への執着、
要するに自己愛であるとの、お釈迦様の洞察が深く胸に迫るのであります。

。。。私は、そんな事を考えながら、ありのままの自分になろうと
業務スーパーへと向かったのであります。

この行為は、決して、ありのままの物欲でお刺身を万引きをする為ではなく、
世間の有り様をつぶさに観察し、人々の苦しみを知り、労り、
全ての衆生を救おうとの大慈悲心の為であった、とも今に伝えられているのです。

嘘です。。。

こうして、ブログに各ネタが何もないので意味の無い文字を連ねてみましたが、
皆様におかれましては、

土用丑の日で中国産ウナギを買う折に、
某スーパーの偉い方が、ウナギの養殖の様子を見る為に中国へ視察へ行き、
その様子を見た結果、二度と中国産ウナギは食べないと誓った秘話を
思い出していただければ幸いです。

ちなみにそのスーパーでは、その後も普通に中国産ウナギを売っております。

ありがとうございました。
最新コメント
プロフィール

国島武史

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード