七夕を囲む月

格安SIM、格安スマホや日々の暮らしを中心にのんびりと記したいと思います。

2015年03月

【その2】FLEAZF5 CP-F50aKでイングレス(Ingress)に挑戦してみました。

格安スマホ、FLEAZF5 CP-F50aKでイングレス(Ingress)に
挑戦したい人びとにとっての不安点としていくつかあると思いますが
それを私が人柱になり実験してみました。

主な問題点と思われるものは以下の5つと思われます。

1、バッテリーが持つのか

寂しいバッテリー容量のFLEAZF5 CP-F50aK、
イングレス(Ingress)は歩行中、基本的に起動し続け、
画面を点け続ける必要があるので確かに不安ですね。

私の実験でも2時間30分から3時間が起動し続けての活動限界と感じました。

心おきなく楽しむためにはモバイルバッテリーは必須かもしれません。

2、GPSは正確か

リアルな空間を使うゲームの為、位置情報の正確さが
求められるのがイングレス(Ingress)です。

個体差も大きい問題ではありますが、
私のFLEAZF5 CP-F50aKでは特に大きな問題は感じませんでした。

不良品でなければ普通に楽しめると感じました。

3、格安SIMでの通信容量の圧迫

FLEAZF5 CP-F50aKでのイングレス(Ingress)と言う事は、
格安SIMでのデータ通信の方が多いと思われます。

楽しくイングレス(Ingress)を行いたい方は消費データ容量や
通信品質に懸念があるかもしれません。

私の使っている「OCNモバイルONE」のSIMでの実感ですが
高速通信を使わないで低速通信が実質使い放題になる、
ターボモードOFF状態でも苦痛なく楽しむ事が出来ました。

これは、ネット環境の充実しない国でも楽しめるように
アプリが開発されている成果なのかもしれません。
グローバル企業、グーグルさんの面目躍如でしょうか。

4.カメラは大丈夫か

イングレス(Ingress)では、ポータルと言う拠点を新たに申請する折りや、
ミッションをこなす時にカメラ機能を使用する時があります。

FLEAZF5 CP-F50aKの標準カメラアプリは
撮影画像サイズや画質が設定出来て低速通信の強い味方にも思えます。

しかし、観光地や都会なら兎も角、田舎や住宅の多い地域で
カメラを使用するのは公共の福祉に反する行為であり、
出来る事なら避けたい所事態です。

せめてもの最後の良心としては、フラッシュの不使用と
シャッター音のしないカメラアプリの導入がマナーかもしれません。

5.電子コンパス機能が無くて不安

FLEAZF5 CP-F50aKには方位磁石機能、電子コンパスが搭載されていません。
土地勘の無い場所ではどちらが北枕かすら分からないのです。

この問題により、正確にポータルの位置を知り、
そこへと移動するのにはそこそこの困難が伴います。

実例として、私は詳しくない地域でイングレスプレイ中に、
年の頃50~60絡みの車に乗った老夫婦に道を聞かれたのですが
グーグルマップの正確な方位が分からない為、
上手く道筋を教える事が出来ませんでした。悲しい事です。。。

電子コンパスが無い為に、少しの善業すらまともに行えないのです。
地獄道まっしぐらの暗黒極悪人生なのです。

以上です。

次回は実践した様子が書き込めれればと思います。

ありがとうございます。

「Ingress - Google Play の Android アプリ」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.ingress

【その1】FLEAZF5 CP-F50aKでイングレス(Ingress)に挑戦してみました。

グーグルが放つ、巷で話題のヴァーチャルとリアルが交錯する陣取りゲーム
「イングレス」(Ingress)にFLEAZF5 CP-F50aKで挑戦してみました。

「イングレス」(Ingress)を簡単に説明しますと、
緑チームと青チームに分かれた憎しみ合う人々が
スマートフォン等の電子端末のGPS機能を用いて
世界中各地に点在する未知の力があふれる地点を巡礼し、
その地点を汗水たらし、血みどろで奪い合うと言う、
おぞましい身の毛もよだつ戦争ゲームのアプリなのです。

アンドロイドでもアイフォンでも無料でダウンロード、プレイが可能です。

また、このゲームは特性上、人びとに歩きスマホを促し
悲惨な交通死亡事故の恐れがあります。
そしてスマホを持った人々が田舎町を歩きまわる事は
不審者を連想させ、地元の人々におまわりさんを呼ばれ、
国家権力さんに叱られる可能性もあるのです。

さらには、対決を煽るゲーム故、熱くなった人々によるリアルな揉め事、
殴り合い、果ては殺人事件が起こるかもしれません。
大変恐ろしい事です。。。

さらにさらに、位置情報を利用する為、何処にいるのか
何処にお住まいかが他人に知られる可能性もあり、
か弱い女性の方の場合などは断捨利してやらない方が良いかもしれません。
老婆心ながら衷心よりご忠告申し上げます。

要するに、自身で責任を取れる方向けの大人のゲームなのです。

ここまで読んだ方の中には、私がアンチ・イングレス(Ingress)なのかと
お疑いの方もいらっしゃるかと思いますが、
良い所だけを伝え、悪い部分はほっかむりする無責任な行為は
仏説の不妄語戒に反しますのでお許しくだされば幸いです。

ではでは。。。

ありがとうございます。

「Ingress - Google Play の Android アプリ」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.ingress

FLEAZF5 CP-F50aKを使用しての評価

FLEAZ F4の登場が待ち切れず
今年一月末にFleaPhone CP-F03aから
FLEAZF5 CP-F50aKに乗り換えて使用しておりました。
今回、その使用感覚をお伝えします。

1.豊富なメモリでサクサク

1GBのメモリで割合サクサクです。
FleaPhone CP-F03aの場合、
アプリをタスクから削除する時にクラッシュする事が多かったですが、
FLEAZF5 CP-F50aKはこの自体があまり起こりません。
ストレスからの解放です。

2.本体容量アップでそこそこの容量アプリを楽しめます。

FleaPhone CP-F03aの場合、
本体容量が少なく、心おきなくアプリを楽しめませんでした。
残り容量におびえる日々だったのです。
FLEAZF5 CP-F50aKも8GBとお高いスマホに比べれば貧弱な容量ですが、
そこまで怯えずともアプリがダウンロードして楽しめるのは幸福です。

3.余裕の5インチの大画面でネットサーフィン。

世の中は厳しく、スマホ対応のサイトばかりではありません。
そんなPC用サイトを観るとき、画面の大きさは重要かもしれません。
有難い事です。

4.保護フィルム、2種類のカバー付き。

FLEAZF5 CP-F50aKには画面に貼る保護フィルムが付いてきます。
地味ですが有難いですね。
その他、白色と黒っぽい色の2種類の裏面のカバーが付いており、
個々人の美的感覚で選べるのも嬉しい所です。

5.タッチパネル不具合

格安スマホに不具合はつきものです。
私のFLEAZF5 CP-F50aKでは普通に画面をタッチしても
長押しと判断されてしまう事が良く起こります。恐ろしい事です。。。
Covia様におかれましてはキチンと検品された方が
目先の人件費は掛かるかもしれませんが、
長い目で見た場合のブランドイメージは向上すると思われます。
格安スマホにそれが必要かとの問いもありえますが
F社さんとの競争に勝つためには大事な事かもしれません。。。

6.グーグル日本語入力との相性悪し。

FLEAZF5 CP-F50aKはグーグル日本語入力との
相性の悪さが感じられ、文字入力字時のもたつきがストレスの元です。
FLEAZF5 CP-F50aKのスペックの低さゆえとの意見があると思いますが
より低スペックのFleaPhone CP-F03aでは起こらない問題なので
相性の問題と思われます。改善に期待です。

ありがとうございます。

◆COVIA FLEAZ F5 CP-F50AK◆
http://item.rakuten.co.jp/ke-tra/cp-f50ak/
最新コメント
プロフィール

国島武史

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード